私たちこんな理由で派遣キャバクラ始めました!

キャバクラ派遣で働く方は年々増えていると言われています。
在籍して働いていたキャストが、あまりに厳しいノルマやペナルティに嫌気がさし、派遣キャストに転向するケースもあるようです。

在籍キャストが派遣に転向する以外にも、様々な理由で派遣キャバクラの仕事を始めています。
ではどのような理由があるのでしょうか?
実際のケースで見てみましょう。

エピソード1:彼氏がお客さんとの同伴&アフターを嫌がるから

ナイトワークは数時間働くだけで数万円のギャラを稼ぐ事が出来る効率の良い方法です。
コンビニバイトで働いても、時給が1,000円を超えるお店はなかなか見つからないもの。
でもキャバクラでのバイトなら時給3,000円~5,000円になります。
コンビニバイトの数倍のバイト料ですから、やっぱり魅力的ですよね。

でも男性相手の仕事なので、もし派遣キャストに彼氏がいると大変です。
働いている女の子のお店に彼氏が偶然やってきて大喧嘩、という怖い出来事も起きているくらいですからね。
彼氏に内緒でキャバクラで働くのは後々の事を考えると止めた方が良いです。

彼氏に「私、キャバクラで働きたい」と正直に話が出来るとしたらお勧めは派遣会社と契約して派遣キャストとして働く方法です。
派遣ならお店で営業活動をする必要は一切ありません。
だから顧客と同伴出勤したり仕事終わりに一緒にデートや食事をする必要はないのです。

キャバクラで働いた分だけお金をもらえばそのまま帰宅出来ますし、成績のために顧客とメールやラインでやりとりをする必要はないので彼氏とのデートを優先出来ます。
彼氏がお客さんと同伴&アフターを嫌がるから、派遣キャストとして働いている女の子もいるんです。

エピソード2:学業との両立にちょうどいい働き方だから

派遣キャストはメールや電話で営業をする必要がなく、働きたい時だけ数時間仕事をすれば短時間で効率よくお金が稼げます
だから女子大生がナイトワークでお金を稼いでいるケースが多いんです。

キャバクラは夜8時~夜中の12時が営業時間なので、夜の4時間程度のバイトで数万円単位のバイト代が入るのはとても魅力的。
長時間バイトをしなくていいので学業との両立がしやすいのがメリット。

「今日はお店で働いて、明日は夜勉強しよう」とスケジュールをしっかり立てて生活出来るので、学業の邪魔になりません。

エピソード3:会社が不況で減った月収を増やすため

短時間で効率良くお金が稼げるのは、本当に大きな魅力。
お金を稼ぐという目的のために派遣キャストとして働いている方も実際にいます。

良く聞くのは「会社の売上げが減って月給が3割カットされて、生活が苦しい」など会社の給与が減り、ナイトワークで副業をして生活費を稼いでいるパターン。
実際に会社の業績悪化で派遣キャストとして働いている方もいます。
⇒キャバクラ派遣はシフトも自由で副業にぴったり

この場合、短時間で効率良く稼げるキャバクラの仕事は体への負担も少なく、都合の良い日だけ働けるので精神的にも楽
ただし副業がばれないように会社側に配慮しなければなりません。
きちんと確定申告の方法を教えてくれる派遣会社を選ぶのがコツです。