1. ホーム
  2. 2017年05月
  3. 1/ 1

キャバクラ派遣をしてて嬉しいこと

キャバクラ派遣で働くと、お店と直接契約して働くキャストに比べて「こんな点が楽だった」「キャバクラ派遣をしていて嬉しい事があった」と思える点がいくつかあります。
このページでは派遣で働くキャストが、思わず「ラッキー!」と言いたくなるメリットを紹介しています。

これから派遣キャストとして働いてみたい方、ぜひ参考にしてくださいね。

キャバクラ派遣は営業しなくていい

派遣キャストはお店と直接契約しているわけではなく、派遣会社と契約しキャストを必要とするお店に女の子を派遣しています。
派遣キャストはお店の売上げに全力で貢献するのではなく、お店のキャスト不足解消やコスト削減、様々なタイプの女の子を配置出来ると言った目的のために働いているわけです。

だから派遣キャストはお店の売上げに貢献するのが最重要事項ではなく、勤務時間にどれだけお店を盛りあげられるか、顧客を満足させられるかの方が大切です。
無理にお酒を飲んでドリンクバックを稼いだり、顧客とメールアドレスや電話番号の交換をする必要はありません。

お店と直接契約しているキャバ嬢はお店の売上げに貢献する見返りとして様々な報奨金(ドリンクバックや同伴バックなど)がもらえます。
でも派遣キャストは数合わせのためにお店にいるわけですから、営業活動する必要は基本的にはありません
忙しい時だけお店のヘルプとして仕事をするイメージです。

営業がない=ノルマが無いと言う事になるので、責任がないのも事実です。
「働いた時間だけ時給が稼げれば良い」と割り切れる方、プライベートな時間を大切にしたい方には向いていますね。

キャバクラ派遣はシフトの融通が利く

派遣会社にはたくさんの派遣キャストが在籍しています。
そのため多くのキャストで派遣の仕事を請け負っているので時間の融通が利きます。

お店と直接契約しているキャストの中には、自己都合でお休みしたり遅刻すると罰金として数万円を支払う厳しペナルティが課せられるケースも。
派遣の場合そのような罰金を支払う必要はありませんし、シフトやお休みの調整も自由に行えます。
ただし出勤の約束をしているにも関わらず何度もドタキャンすると、出勤制限がかかってしまう事もあります。
良識ある行動が大切です。

「週末に急にお休みが入ったから夜8時から夜中の12時まで仕事が出来る」という時は基本的に前日までに派遣会社に申告すればOK!
その逆パターンも前日までに派遣会社に連絡すれば問題ありません。
シフトの融通が利くのが派遣キャストのメリットです。

キャバクラ派遣は完全日払いなので助かる

キャバクラ派遣は基本的に完全日払い
働いた分はその日のうちにお金になります。
時給が3,000円で4時間働けば12,000円とかなりのお金が稼げるので、シフトの都合がつく方はどんどん働いてお金が稼げちゃいます。

やる気さえあればお小遣いを手に入れるのは意外と簡単。
「今月お小遣いがピンチ」という時はキャバクラ派遣でパパッと効率よく稼ぎましょう。