1. ホーム
  2. 2017年03月
  3. 1/ 1

キャバクラ未経験者こそ派遣に向いている

「ナイトワークは初めてなんだけど、ちゃんと仕事が出来るかな?」そんな不安を持っている方は、キャバクラ派遣から始めるのが無難です。
「私、ナイトワークには向いてないな」と思えばすぐ辞められるのは最大のメリットですし、派遣会社からフォローがあるのも魅力です。

こちらの記事では、キャバクラ未経験者が派遣で働くメリットをまとめています。
これからキャバクラ派遣で働きたい方はチェックしてくださいね。

派遣会社からフォローがある

いきなり「今夜からキャバクラで働いてくださいね」と言われてもビックリしてしまうのが普通です。
一度でもキャバクラで働いた経験があればともかく、一度もナイトワークの経験がない方にとってキャバクラで働くのはハードルが高いと感じてしまうもの。

そこでキャバクラ派遣会社に登録すると、都合のつくスケジュールで「キャバクラでのお仕事の基礎」をしっかり教えてもらえます。
キャストの仕事は顧客の隣に座ってお酒を注ぐ事、タバコに火をつけたり灰皿を適度なタイミングで取り換えるなど最低限のマナーがあります。
それらマナーを何も知らず、ただお喋りだけしていれば良いわけではありません。
派遣なら接客マナーを事前にレクチャーしてもらえるから安心ですよ。

さらにキャスト専用のメイクの仕方も指導出来るので「お店に行ったらどんなメイクをすればいいのか分からない」なんて事もありません。
また意外に頓着がないのが「副収入の申告方法」。
派遣キャストは事業所得になるので確定申告が必要です。
税務署での確定申告の方法もしっかり教えてくれる派遣会社もありますよ。

派遣会社に登録する時は、フォローの万全なお店なのかどうかをチェックしておくと良いですよ。
⇒手厚いフォローにはちゃんと理由がある

派遣キャストは失敗に寛容な傾向

派遣キャストは日替わりで勤務先が変わってしまうケースもあります。
一つのお店で長く働くわけではないので、お店側が割合失敗に寛容。
お店のスタッフは「派遣の女の子だから」という意識なので、ちょっとした失敗に目くじらを立てる事はまずありません。

ただ接客業なので、顧客に不快な思いをさせるようでは困ります。
メイクがちょっとくらいダサくても、お客様の満足出来る接客が第一。
お店のスタッフの話しを良く聞き「このような接客スタイルでやって欲しい」という要望にはしっかり応えましょうね。

いろいろなお店を見て経験を積める

派遣キャストは様々なお店を巡ってお仕事が出来るので、たくさんのキャバクラ店を色々とチェックできます。
「有名店はキャバ嬢に対する教育が厳しい」
「このお店は若くてノリの良い女の子が多い」
「このお店はスタッフがだらしない」
などいろいろなお店を見て経験が積めるので、待遇の良いお店や悪いお店などを嗅ぎ分ける独自の勘を磨く事が出来ます。

もし将来、直接雇用のキャストとしてバリバリ営業したいのであれば、たくさんのキャバクラ店を巡って仕事をしておくと良いかもしれません。